FC2ブログ

甘いもの=脳内麻薬

甘いものが大好きです。

お酒は飲みません。
たーまには飲むこともありますがダイエットに影響するものではありません。

ダイエットをしていないときは、毎日甘いものを3時のおやつに食べ、ランチの後のケーキはかかせない。
ケーキが好きなのでかなりしょっちゅうケーキを食べています。

ケーキの次に好きなのが、菓子パン。
パン屋さんのお洒落なパンも好きですが、スーパーで売っているような菓子パンも大好き。

だいたいパンの袋の裏に記載されているカロリーは500カロリー超えでびびります^^;

ダイエットをはじめるとき、これをやめるのが一番の難関です。

甘いものを食べたときに出ていると思われる脳内麻薬物質。。

あの幸福感を断つのはかなりの精神力が必要なんです。

しかし!!
やめてしまえばまったく欲しません。

不思議ですよねー

甘いものって3日ガマンすると欲しくなくなるんですよ。

毎回そうなので確かです。

そのときのモチベーションにもよると思いますが、3日ガマンすると毎日食べていた甘いものを食べなくても平気になり、たまに食べてもそのとき限りでまた毎日食べるなんてこともありません。

でも。。最初の3日断つのが恐ろしく難しいんですけどね。

あんなに毎日食べていた甘いものをほとんど食べたいと思わないのは本当に不思議だし楽です。

まさしく麻薬ですね。

朝食べてないのでお昼頃はお腹がペコペコなので、スーパーに買い物に行くとふと菓子パンが食べたいような衝動にかられることもありますが、お昼に食べる食事をイメージするとおさまります。
お腹が空きすぎていて甘いものより普通の食事をカラダが欲しているのではないかと思います。

勝手な素人考えですけれど。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング - ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)